FC2ブログ

Candidate 2(Alfa 147)

今日は、Alfa147の紹介を。


アルファ147


これは、Alfa RomeoのAlfa147という車です。
こちらは後期型なので、最近のアルファに共通した切れ長ヘッドランプで現代的な印象です。

当初、Alfaには正直あまり興味がなかったのですが、京都でAlfa147GTAを見かけたのをきっかけに、
Alfaがカッコいいと思うようになりました。

京都で見かけた147GTAは、ロマンスグレーの渋い男性が運転していました。
ダウンベストにざっくりしたニット、そしてニットキャップというモノトーンのコーディネートが、
年齢に比較してアクティブな着こなしで、シルバーの147GTAにとても似合っていたのをよく覚えています。

ということで、Alfa147を実際に見たときの印象を...

・エクステリア
 →文句無くカッコいいです。個人的には後期型が好きですが、前期型も相当カッコいいです。
  (ホントのアルファ好きは、前期型を好むそうです。)
  どの車も写真で見るのと、実物を見るのでは、印象が違うと思うのですが、
  この車の場合、実物を見ると間違いなく、その魅力にとりつかれます。
  特徴的なフロントフェイスと、美しいボディライン。ほんとうに綺麗な車だと思います。

・インテリア
 →広くはないですが、ドライバーを包み込むような感じで、とても印象が良いです。
  メーター周りの造形も凝った物で、とにかくドライバーをその気にさせるって感じでしょうか。
  とくに、TIに装備される赤いステッチ入りの黒レザーシートはとてもカッコいい!

・試乗した感想
 →まず、セレスピードが楽しいですね。セレスピードとは、ハンドルの裏についたパドルで、
  ギアチェンジが可能になるトランスミッションのことです。
  VWやAudiのDSGのようにダブルクラッチにはなっていないため、変速は滑らかとは言えないですが、
  運転してるっていう気にはさせてくれます。
  エンジン音も、さすがイタリア車という感じで、とにかく運転を楽しくしてくれる車ですね。

アルファといえば、赤のイメージですが、僕が買うなら、ブラックかシルバーですね。

ということで、デザイン、試乗した感想共に申し分なかったわけですが、
結局、私がAlfa147を買うことはありませんでした。

原因は1つで、維持費です。
購入価格は、中古を見ていたこともあり、前期型、後期型どちらもお買い得感があるプライスが
提示されたのですが、いろいろ調べると維持費が相当高くなってしまう可能性があることがわかりました。
(あくまで可能性ですが・・・)

まず、タイミングベルト。3~5万kmで交換する必要があり、そのたびに10万円程度かかるそうです。
また、セレスピードが壊れた場合には、30万程度かかったりするようで、これは個体差があるようですが、
その可能性を知ってしまった以上、手が出ませんでした。

マニュアルで問題ないという方なら、セレスピードをやめることで、リスクを減らすことはできますが、
個人的には、セレスピードが147の魅力の1つだと考えているし、ATモードなしは、考えられません。

ということで、非常に残念な気持ちにはなりましたが、147はあきらめることになりました。
けど、将来、お金に余裕ができたら、一度、Alfaに乗ってみたいと思っています。

次回に続く。

スポンサーサイト



Candidate 1(Peugeot 307) #2

前回の続きで、プジョー307を見に行った感想を書いておきます。

・エクステリア
 →307と一口に言っても、前期型と後期型でだいぶ印象が変りますね。
  後期型は、最近のプジョーのトレードマークとなっている大きな口をあけた、
  フロントフェイスです。あの顔は派手ですね。
  最初は、違和感がありましたが、個人的には嫌いではないです。
  307の場合は、コロンとしたボディの形とあいまって、可愛い印象ですね。
  307に比べて、407の場合、あのロングノーズのボディとの相性がイマイチなような・・・
  前期型は、派手さは無いですが、バランスが良いと思います。

・インテリア
 →こざっぱりしたインテリアで、とても好感が持てました。
  メーターも白だったりして、清潔感があり、女の子にはいいかも知れませんね。
  ただ、質感についてはちょっとプラスチッキーな印象で、高級感はあまりないですね。


ざっと感想を書きましたが、悪くはないけど決め手に欠けるというのが、
率直な感想でした。現在では、308が出ていますが、見に行った当時は、
まだ308のデリバリーが始まっておらず、購入直後にフルモデルチェンジというのも、
購入を見送った一つの要因です。

ちなみに、207も同時に見てみましたが、あの開放的なガラスルーフはいいですねっ!!
新型の308は、走りも含めてかなり良くなっているので、今購入なら有力な候補になると思います。

次回は、次に候補だったイタリアの車を紹介したいと思います。

Candidate 1(Peugeot 307)

車を買い換えようと思って、最初に見に行った車が、プジョーの307です。

プジョー307s



今回の車選びで、漠然と考えていた条件としては、

①大きすぎない。
→もともとMiniに乗っていたように、コンパクトな車が好きです。
  ミニバンとかは、ぶっさいくだなと思ってしまい、正直苦手です。
  あと、運転するにも小さめが楽かなっと。
②大人が4人乗れる。(5ドア)
→両親や、嫁さんのご両親とかを乗せて旅行に行けたらいいなっと。
③セダンは、嫌だ。ハッチバックかステーションワゴン!
→完全に好みの問題ですが、個人的にはハッチバックが一番好きです。
  古めのサーブの9-3なんて最高にカッコいいと思ってました。
④そこそこの動力性能がある。
→高速での移動が、ちょくちょくあるので、ある程度パワーがある車。


上記の条件を満たす車となると、要はCセグメントの車ということになります。
VWのゴルフが代表格ですかね。

ってことで、学生時代から、なんか気になっていたプジョーのCセグメント車の307を見に行ったわけです。


っと、時間がなくなってきたので、続きはまた今度。。。

Cars which I had owned before.

車選びの話の前に、私が以前に乗っていた車を紹介したいと思います。

最初に乗った車は、Miniで、大学・大学院時代の6年間を、共に過ごしました。
購入した車屋さんに、Miniに乗るならキャブレター式のエンジンがいいよっ!っと薦められ、
旧式のキャブに乗っていました。

今の車からは考えられないけど、このキャブ式のMiniは、
 ・クーラーがない。
 ・寒い日などには、暖機運転が必須。(チョークを引いて暖機運転するんですよ!!)
 ・暑い夏に、ロングドライブするとオーバーヒートする。
 ・大きなトラブルはなかったですが、細かなトラブルはちょこちょこ発生。
など、手のかかる車ではありました。
けど、インジェクションの車にはない、直感的なドライブフィーリングがあり、
乗っていて、とても楽しい車でした。

夏の暑い日にも、汗をダラダラ流しながら、キャンプに行って、オーバーヒートしそうになって、
焦ったり、国道を走っていたら、いきなりエンジンがストップしたりと、
色々あったけど、今では、みんな良い思い出です。
(写真が残っていないのが残念ですが、紺色の可愛くて綺麗な車でした。)

その後、就職して勤務地が大阪になった関係で、Miniは手放してしまいました。

次に乗った車は、パジェロ イオです。
就職して、3年目辺りに、姉から譲り受けて、4年ほど乗りました。
Miniと比べたら、クーラーはあるし、故障は無いし、とても快適だったのですが、
 ・3ドアだったため、友人を乗せる場合に不便。
 ・トランクが狭く、荷物があまり載らない。
 ・4速までしかなく、高速等の長距離ドライブが疲れる。
といった不満がありました。
けど、ドライブポジションが高いし、コンパクトな車だったので、
とても運転はしやすかったです。

写真は、最後に神戸のIKEAに買い物に行ったときに、記念に撮った写真です。
こいつとも、色々なところに行きました。4年間、本当にありがとね。お疲れ様でした。


パジェロイオ


 | HOME | 

FC2カウンター


プロフィール

matisse

Author:matisse
夢見がちなエンジニア。
いつか4つのEと1つのPを持つ人間になりたい。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2ブログランキング

FC2ブログランキング


ブログ内の検索

カスタム検索

スポンサーリンク


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する