FC2ブログ

Mentor Menuet by Dali

ってことで、購入したのは、DaliのMentor Menuetだ!

MentorMenuet.jpg


前回までに、いろいろと試聴したスピーカーを紹介しましたが、最終的には、
こいつ、ダリのメントール・メヌエットにしました。

一番の決め手は、やはりDaliらしい艶のある音色です。
Daliのスピーカーは、中高音にかけての艶のある美音が有名です。
最初は、艶ってどういうこと?!って感じでしたが、聞いてみると納得。
試聴でよく聞かせてもらっていたのはノラ・ジョーンズなんですが、再生が始まると、
実際に目の前にいるかのような、色っぽさ、臨場感で、その場の空気感が変わるのを感じました。
なるほど、これが艶っていうやつか!って思ったほどです。

また、中高音に注目されることが多いモデルのようですが、そのサイズからは想像も付かない、
切れの良い低音(量感も僕的には十分です。)も出してくれます。
ジャズなんかを聴いても、本当に気持ち良いドラムサウンドも聞かせてくれます。

Daliというメーカーは正直、知らなかったのですが、
今回、色々と試聴してみて、僕の心に一番響いたのは、間違いなくこいつでした。

ダリらしい艶のある音という意味では、すでにディスコンになっているモデルですが、
Royal Menuet、Royal Towerっていうモデルが特に素晴らしいそうです。
 #残念ながら、私は実際には聞いたことがありませんが・・・・

Mentor Menuetは、その名機と言われているRoyal Menuetの艶を残しつつ、解像度を上げて、
現代的なサウンドにモデルチェンジしたもののようです。
 #Royal Menuetはその艶の代償としてか、解像度が低めで、スピード感に若干劣り、
  アップテンポな曲は、若干、苦手にしたそうです。

最後に、エージングについてですが、HIFIのスピーカーはエージングで音が劇的に変わります。
購入当初、低音がかなり弱くて、あれ!?っと思っていました。
店頭で聞くのと家で聞くのでだいぶ違ったのかな?とも不安になりましたが、
2か月ぐらいしたときから、急激に低音が出るようになりました。
今では、イメージ通りの大満足のサウンドを奏でてくれています。

同じ音楽を聴くという行為でも、本当に自分が納得できる音で聴くと、感動が違いますね。
今回のスピーカー購入は本当に大満足でしたっ!!


ちなみに購入したのは、サテンブラックです。
なんでもデンマークの職人さんが作っているようで、北欧家具のようなとてもきれいな仕上げがされています。
チェリーの方が、その雰囲気がよく出ていたので、当初はチェリーで考えていたのですが、
AV機器との相性を考えて、最終的にはサテンブラックにしました。
ちまた(他メーカー)では、ピアノブラックが流行っているようですが、あちらは数年後には飽きそうですが、
このブラックは地味だけど、品があってとっても良い雰囲気です。
インターネット上の写真より、実物の仕上げは本当に綺麗なので、是非、一度実物を見て見下さい!

とにかく、DaliのMentor/M、おすすめです!!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://matisse.blog41.fc2.com/tb.php/164-5959327e

«  | HOME |  »

FC2カウンター


プロフィール

matisse

Author:matisse
夢見がちなエンジニア。
いつか4つのEと1つのPを持つ人間になりたい。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2ブログランキング

FC2ブログランキング


ブログ内の検索

カスタム検索

スポンサーリンク


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する